2008/8/28 木曜日

★gg Lock Art Festival in Yokohama★


         

毎月さまざまなアーティストとともに、代官山で2年間限定で月変わりの

お店を展開してきた「gg」(ジジ)がいよいよ2008年8月でファイナル月間を

迎え、その活動に一旦鍵をかけます。

これまで月変わり企画に参加したアーティストたちが、会場となる横浜の

BankART Mini に大集結して★2年間の総集編でもあるアートフェス!

★ gg Lock Art Festival in Yokohama ★が開催されます!!!!!

8/30(土)31(日)の2日間!「Lucky clover 」をテーマとした作品の

展示やワークショップ・ライブ・トークイベントなどなど盛りだくさん★

ちなみにわたくしは2007・10月のカメラ月間に参加させていただきました★

そして今回のファイナル月間「Lucky clover 」の作品展示に参加しますよ★

参加アーティストは!独自の視点で選ればれているかなり豪華なメンバー★

どうぞお楽しみください★

~ gg Lock Art Festival in Yokohama ~

日時:2008年8月30日(土)・31(日) 12:00~23:00

会場:BankART Mini (横浜BankART Studio NYK 1F)

入場料:当日券 3800円 前売り1日券 2800円/2日件4800円
(購入方法=代官山gg・チケットぴあ・ファミリーマート・サークルKサンクス)

お問い合わせ:gg

| Posted by : kazmo | ★INFO★ |

L25~エルニコ★ステーション

世の中見晴らすきっかけマガジンL25で新連載がはじまりましたよ★

写真投稿でL25世代の”いま”がわかる!「エルニコ★ステーション」という

コーナーをナビゲートするコギャラ(とても小さいキャラクター)

「エルル」と「ウララ」を描きましたよ★

「エルル」は誌面でみんなの興味をナビゲート★「ウララ」はモバイルでしか

見られない「ウラニコ★ステーション」のキャラクターです★

投稿写真が採用された人全員に!エルルとウララの絵がプリントされている

モバイルクリーナーをプレゼント★

わたしもこっそり投稿チャレンジしてみようとたくらんでいますよ★

是非みなさんも参加してみて~★

| Posted by : kazmo | ★連載★ |

2008/8/27 水曜日

サイゾー★2008:September

サイゾー9月号「ブームに喝!可愛い犬・猫スキャンダル」

~犬猫ブームの光りと影~飼い主の惜しみない”愛”(カネ)で潤う

ペットビジネス大隆盛のヒミツ★のところに絵が掲載されましたよ。

年間約37万頭もの不幸な犬猫が全国の自治体施設に収容されている一方で

2010年には2兆円を超えるとも言われ、いまや人間並みのサービスが大展開

されているペット市場。愛(金)で潤い進化したペットビジネスの実態を

人生ゲーム風にお届けする4ページ。

占い師によるペットの命名鑑定やペットサロンの中にある岩盤浴や

アニマルエステシャンによるマッサージや泥パック。

犬用ワイン・ビール・焼酎やフィットネスクラブやはり治療。

ペットリフォームやペット専用の介護施設などなど。まったく!人間顔負けの

ビジネスが盛りだくさんです!ちなみに人気犬種のはやりすたりがあるのは

ミーハーな国民性の日本ぐらいらしいですよ!

あんまり関係ないですが。なぜか私、早朝に家の近所を自転車で散歩していたら

おじいさんが猫に首輪&リードを付けて散歩している不思議な光景を目撃!

猫もまんざらでもない様子で犬のように普通に歩いていてびっくりしましたよ★

追伸★同じくらいの時期に凸版印刷(株)のタダコピ制作でもお世話になりました。
デザインはサイゾーでおなじみの坂本龍司氏★素敵な制作でございました★

| Posted by : kazmo | ★WORK★ |

2008/8/26 火曜日

あかちゃん8月♪

8月のユカリちゃん★いよいよ歯が生えてきました♪8月15日に発見した模様★

フフフ♪下の前歯がほんの少し歯茎から見えてきていてかわいいです!

そして一人で座れるようになりました★よだれはたくさん出ています。

もぞもぞしながらものすごく器用にくるりと体を起き上がらせて座ります★

そしてもう待ちきれない様子でハイハイの練習をしています♪

まだ美しいフォームでハイハイができるわけではありませんが

猛烈に自己トレーニングに励んでいる模様。

前に進もうとしてもなぜか後ろに進んでいますがニコニコしています♪

ユカリちゃん最近のお気に入りはものすごく高音でびっくりするくらいいい音の

出る木のおもちゃ★よだれまみれにして食べたり(口の中にいれて遊ぶ)

音を鳴らしたりしてウキキご満悦の模様です★

とても懐かしかわいくていい音の出るおもちゃは大好きな絵を描く人

井出佳美さんからいただきました★感激でございます★

ちなみに上の写真左はおもちゃを食べている様子です

| Posted by : kazmo | ★ユカポン★ |

2008/8/20 水曜日

Number on Number

8/20(水)発売★文藝春秋のスポーツ・グラフィック誌 Number

<オリンピック緊急速報・北京沸騰>北島康介選手が表紙の臨時増刊号から

スポーツライター・小川勝氏の人気巻末コラム「Number on Number」の

ページでイラストの連載がはじまりましたよ★

このコーナー。いつも気になるクリエーターの起用で素敵な絵があるページ。

とても憧れておりました★とても嬉しい気持ちでございます★

ART DIRECTORは征矢武さん。DESIGN SUPERVISORは番洋樹さん。

編集は大胡 亜里さん。DESIGN ASSOCIATEは桝田健太郎さん。

鋭くも素晴らしいメンバーによって制作されております★

編集の大胡さんは肩に力がはいりすぎないようにそして分かりやすく

発注をしてくださりとっても素敵です★

ADの征矢さんDESIGN ASSOCIATE・桝田さんからは脳からいろんなものを

出していきましょう★というこれまた素敵なお言葉をいただいております★

連載は今回を含め8回の予定で11/27(木)発売の717号まで続きます★

どうぞよろしくお願いいたします。

| Posted by : kazmo | ★連載★ |

少年カミカゼ ///NO

少年カミカゼの3枚目のLAST ORIGINAL ALBUM 「NO」(エヌ・オー)の

ビジュアル制作に参加させていただきました★

いよいよ今日から発売スタート★BEST ALBUM 「BEST」も同時発売です★

そして「NO」のリリースをもって少年カミカゼは解散してしまいます。

引き続きLIVE活動は継続していくとのことですが。とても切ない気持ちです。

ORIGINAL ALBUMの「NO」には少年カミカゼからの

~NO PROBLEM・NO EXCUSE・NO REGURET~のメッセージが

込められていて。そこから発想★

万物のはじまりとおわりや呼吸を意味する「阿吽(アウン)」

というところに到達し表現がメッセージにリンクし反映するように制作しました★

また2ひきのトラは第三の花の目を目の中に持つ神様で、髑髏ですが

終わりを意味するものではなく。3番目の目で次の世界をみることのできる

全ての始まりを意味するものという気持ちも込めてあります★

最後でなくてもですが、はじまりでありしかし最後だとやはり

絵の制作にはたくさんの苦しみと。よろこびがありすぎました★

このぶっとんだ愛のあるジャケットのビジュアルプランニングは

Victor Entertainment : 森直輝さん。

やばすぎる。COOL!!ぶっとんでるアートディレクション&デザインは

RALPH:西由浩さん。

素晴らしい方々との素晴らしいクリエイションに参加させていただけた

ことを心より光栄に思う★

| Posted by : kazmo | ★WORK★ |

2008/8/19 火曜日

CASSELINI FIVEAVENUE★3

展示会用DMのアートワークにも参加させていたきました★

DMディレクションはCASSELINIのチーフデザイナー坂田知子さん★

完成したDMはシルバーベースに黒でプリントしてあるシールになっており

抜群のセンスで★そして工夫と粋な心遣いが人の心を惹きつける

素敵な仕上がりになりました★

| Posted by : kazmo | ◆SILHOUETTEGRAFFITI◆, ★WORK★ |

2008/8/18 月曜日

CASSELINI FIVEAVENUE★2

冷蔵庫にもプリントいたしました★あぶない冷蔵庫です。

CASSELINI

2008/8/17 日曜日

CASSELINI FIVEAVENUE★1

CASSELINIの新社屋ビル地下1F~4Fまでつづくエレベーターの

壁面全体にわたりシルクスクリーンプリントの壁画制作を致しました★

エレベータの中から見える壁というかなり特殊な場所と素材。

特大なかなりの高さのある壁にプリントしたため一歩踏み外すと落下して

あの世行き命がけの制作となりました★

またただの壁ではなく。エレベーター独特の特殊な機械がむき出しに

なって壁から飛び出ているため平面が確保できないところが多く。

シルクスクリーンでの制作ルールに大きく反しており。

非常に難しい対象でした。

しかし、CASSELINIの専務・山本桂子さんの面白いセンスと★

建物の重要なイメージを決定するような場所をまるごと任せて

いただけるという気持ちにこころを動かされてどうにか実現させてみよう!

という気持ちから制作がはじまりました★

そのためにデザインの緻密な計算にとても時間をかけて

計算だけではない表現するという感覚を大事にして。

右脳と左脳をフル活動させて制作に挑みましたよ★

手に負えない一部の大きな版は江口孔版という一流の製版所にお願いして

完璧な版を制作していただきました★

またエレベーターの壁という高さのあるあまりにも危なく命がけ特殊な場所

だったためエレベーターの上の面に登ってプリントするしか方法がないということで

優秀な現場監督の方やMONさんというエレベーター作業のプロの方など

本格的な素晴らしい職人さんたちにたくさんの知恵や力をかりて

無事に制作★完成することができました★

CASSELINI

2008/8/8 金曜日

dip feu follet

dipのアルバム「feu follet」のアートワークに参加させていただきました。

時間も空間もぐんにゃり曲げる静謐な狂気。

ぶっ飛んでます。

なんだかいまだに現実ではないような幻想のような感覚のために

なかなか文章にできないで随分時間が過ぎすぎてしまいました。

2007年2月の初旬、1通のメールがわたしのもとに届きました。

それはヤマジカズヒデという人からのもので、わたしの表現にダークサイドな

ところがあることに気がついてしまった。という内容だったと思う。

短い文章なのになんだかとてもひっかかる鋭い印象がとても気になって

なぜか説明はできないけど。不覚にも何も知らないまま。

不思議な感覚で制作に参加させていただくことに決めました。

いよいよ制作も山を迎えるころ

ヤマジ氏から直接デモ音源をいただけるということで

新宿の喫茶店にもらいにいきました。

それから本格的に音を聴けば聴くほど。

聴きすぎればすぎるほど全てを見透かされているような。

そしてそのぶっ飛んだ遠いところにまったく届かないかもしれない恐怖と。

異常なほどに澄み切った美しすぎる狂気を深く感じた。

dip

91年に活動をスタート。以降、全てのギターロックバンドに影響を与えてきた
オルタナ界のレジェンド。元祖にして最新、今もなお追随する者を許さない
クオリティーで作品を創り続けている事実がdipを孤高の存在へと導く。

「青い春」などで人気を誇る映画監督・豊田利晃のデビュー作「ポルノスター」と
「ナイン・ソウルズ」では映画音楽を担当。04年11月にはニューヨーク・
Kampo Studios録音による6thアルバム「funmachine」を
05年にライブアルバム「pharmacy」をリリース。同年THE BACK HORN、
MO’SOME TONEBENDER、グループ魂らとTHEROOSTERSの
トリビュート盤に参加。

その後VocalヤマジカズヒデはUAへの楽曲提供、中村達也(LOSALIOS)との
セッションやクハラカズユキ(The Birthday)、石塚”BERA”伯広とのユニット
”qyb”でRISINGSUNROCKFESTIVALへの出演を果たすなど
そのカルト的な人気を増殖させていく。

また田渕ひさ子(bloodthirsty butchers)や板尾創路(130R)もdipのファンで
あることを公言するなど、奇才と呼ばれる人間の感性をも刺激し続けている。

2007年には90年代に発売したヤマジのソロ3作がBOXで再発。
12月にはdipのニューアルバムを発売。

まだまだ世界はdipが立ち止まるのを許してくれない。

dip
UKP

| Posted by : kazmo | ★WORK★ |

(c) Tomomi Kazumoto All Rights Resereved.